独立とコネクション

フリーランスエンジニアとは、独立して仕事を受ける個人事業主のことだ。会社組織に属さないので、当然ながら税金の申告なども自分で行うことになる。特に注意が必要なのは、会社員とは異なり社会保険に入らないことだ。そのために健康保険や国民年金には自分で加入することが必要となる。また保険料も会社員の頃と比べると増えるのが一般的だ。家族がいれば、その人数分納めることになるので注意したい。フリーランスエンジニアはその分収入も確保することが必要となる。一般的には会社員の収入の倍を目標にすると言われている。生活するためにはその位が目安ということだ。

また仕事の面を考えると、与えられた仕事をこなすだけの会社員とは異なり、自分から仕事を獲得する行動が必要だ。いわゆる営業活動を行うわけだが、フリーランスに求められるのは技術と共に信用だ。品質は確保されるのか、納期に間に合うのかといったリスクを抱えるクライアントとしては、それをきちんと守れる信頼できるフリーランスに任せようと考えるのは当然だろう。そのために、多くの実績を積み上げてアピールすることが重要となる。またフリーランスエンジニアに必要なのは人脈との意見もあるようだ。できれば会社員の頃にクライアントとのコネクションを作っておいてから独立するのが理想とされている。さらに独立前に副業として仕事を受ける人も多くいる。フリーランスエンジニアで成功できるかは、いかに仕事を得られるコネクションを作れるかにかかっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です